口腔外科とは?


岡永歯科・口腔外科センター


 口腔外科とは、口腔を構成し、また口腔に関連する器官に発生した病気に対して診断・治療を行なう診療科です。

 口腔は、舌、口底、頬粘膜、口蓋といった柔らかい組織に囲まれています(図1)。そして、これらの内側には上顎骨や下顎骨といった硬い組織で支持されています(図2)。それらの顎の骨には、歯が植わっています。口腔と関連する器官としては、顎関節(図2)や所属リンパ節、唾液腺(図3)などが挙げられます。このような場所に発生した先天異常、発育異常、損傷、炎症、系統的疾患、嚢胞、腫瘍、神経疾患などが口腔外科の治療対象となります。

図1 口腔

 
歯科は、むし歯や歯周病など歯の病気のみを診るのではありません。歯の病気の他、お口の中の病気も診察します。

図2 上顎骨と下顎骨
上顎骨と下顎骨には、歯が植わっています。そして、上顎骨と下顎骨は、顎関節でつながっています。

図3 唾液腺
 唾液は、唾液腺といわれる組織から分泌されます。唾液腺には、耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つがあります。
 思ったより、口腔外科の扱う範囲は広いでしょう。
岡永歯科は、入院施設がないので入院を必要とするような外科手術はできませんが、口腔外科領域の治療に積極的に取り組んでいる歯科医院です。特に、歯科・口腔外科関連のリハビリを得意としています。


      COPYRIGHT (c) OKANAGA Dental clinic. All rights reserved.